« 親友のエディー | トップページ | 肩こり解消法マスター&中国進出の話 »

2006年5月30日 (火)

守られている気がした

先生とスタッフを連れて、
教会へ食事をよばれに行った。

教会をやっているおばさんは、
なんと、僕の祖父の代からの知り合いである。

父の小さい頃も知っているし、
僕の小さい頃も知っている。

おばさんは、昔は経営者。
今でもたくさんの政治家、官僚と交流がある。

不思議な運命をたどってきた人だし、
心の器のサイズが、異次元のレベルである。

いろんな人を受け入れ、交流を持ち、
それを役割と認識している。

けっして裕福ではない。

いつも、いろんな話をきかせてくれる。
今日は、宗教法人の業界の裏の話とかもいろいろ。

僕の強力な応援団である。

初めて会わせる先生にも、
「ほんとうに、どうか、よろしくお願いします。仲良くしてやってください。」
と、心を込めて言ってくれているのを目にした。

僕は、何の信仰も無く、
僕にとってはただのおばさんであるが、
毎日お祈りしてくれていると言う。

守られてる気がした。

|

« 親友のエディー | トップページ | 肩こり解消法マスター&中国進出の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57876/2012836

この記事へのトラックバック一覧です: 守られている気がした:

« 親友のエディー | トップページ | 肩こり解消法マスター&中国進出の話 »