« 中国の留学生と交流 | トップページ | イタリア村で »

2006年6月15日 (木)

ブラジル総領事歓迎パーティー

診療後、パートナーと大急ぎでヒルトンへ。

今夜はブラジル総領事の歓迎パーティーで、
僕は、結構楽しみにしていた。

どんな人たちが出席するのか。

最初の1時間は、セレモニー。
要人の挨拶が続いた。
通訳も日本語、英語、ポルトガル語と毎回3つの言葉に訳す。

100年前に日本からブラジルに100万人送り出しておいて、
帰ってきちゃダメ、というのはひどいということ。

日本政府への不満が大きいことに気付かされた。

その後、たくさんの人と話すことができた。

ブラジルの領事、アメリカの領事、ブラジル人社長たち、ラジオ局の人、
雑誌にコラムをかいている人、などなど。

特に、ブラジルの領事は、お父さんも、おじいさんも歯科医師だったそうで、
とてもフレンドリーに話してくれた。

もちろん、忘れずに我が歯科医院のパンフレットも渡しておいた。

日本人は、ほとんどいない。
まして、中国の人はパートナーのみ。

ブラジルの友人に感謝。
毎回、いろんな人を引き合わせてくれる。

その後、またまた1日は長かった。
帰ったら5時だよ。

|

« 中国の留学生と交流 | トップページ | イタリア村で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57876/2241142

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル総領事歓迎パーティー:

« 中国の留学生と交流 | トップページ | イタリア村で »